審美治療│浜松の入野町でインプラントなど中心に、患者さまを第一に考えた高度な診療を行なう歯医者「竹内歯科医院」

053-489-4618
お問い合わせ

Esthetic 審美的歯科治療

「審美性」と「機能性」を両立させる歯科治療

「審美性」と「機能性」を両立させる歯科治療

歯は食事や発音をするうえで重要な役割を果たすだけでなく、顔の印象を大きく左右する重要なパーツです。魅力的な笑顔は、白く美しい歯と整った歯並び、歯とのバランスのよい健康な歯肉によってつくられます。

審美的歯科治療とは、美しい歯と口元を追求する歯科治療のことですが、当院ではただ見た目の美しさだけを実現するのではなく、審美性と機能性を両立させ、美しく健康で「よく噛める歯」を目指します。

「銀歯にしたくない」「歯の着色汚れを取りたい」「歯肉の見た目が気になる」といった美容的なご要望に対し、患者さま一人ひとりに適した治療方法できめ細やかにお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

補綴治療による審美性の回復

補綴治療とは、被せ物や詰め物といった補綴物を使用して歯の機能と見た目を回復する歯科治療のことをいいます。いわゆる銀歯や差し歯による治療のことです。
セラミックなど天然の歯に近い色調を再現できる素材で作られた被せ物や詰め物で治療することで、自然で美しい口元を実現することが可能です。

  • 被せ物(クラウン)

    被せ物(クラウン)

    虫歯や事故などで歯冠の大部分を失った歯に対し、歯全体に被せる歯冠の形をした補綴物のことをいいます。クラウンともよばれます。
    セラミック製の被せ物は、色や透明感も天然の歯に近い自然で美しい見た目を再現することができます。

  • 詰め物(インレー)

    詰め物(インレー)

    詰め物は、虫歯によって失った歯冠の一部を埋める補綴物のことをいいます。インレーともよばれます。
    被せ物の場合と同様に、セラミック製の詰め物は天然歯との見分けがつかないほど自然な見た目に仕上げることができます。

補綴治療の種類

被せ物や詰め物などの補綴物には、さまざまな種類のものがあり、治療部位や患者さまのお口の状態、ご要望に合ったもので治療を行ないます。

前歯

入れ歯にはおもにプラスチック製のものと金属製のものがあり、それぞれ以下のような特徴があります。

プラスチック前装冠

表面がプラスチック製で、内側のフレームが金銀パラジウム合金製の被せ物です。

メリット

  • 健康保険が適用されるため、治療費が抑えられる

デメリット

  • 変色しやすい
  • 軟らかい素材なので、摩耗しやすい
  • 歯垢が付着しやすい
  • 金属アレルギーの方は適していない

メタルセラミッククラウン(メタルボンド)

表面がセラミック製で、内側のフレームが金属製の審美性と強度に優れた被せ物です。

メリット

  • 自然の歯に近い色調を再現できる
  • 変色・摩耗しにくい
  • 内側が金属なので、強度に優れる
  • 歯垢が付着しにくく、清潔に保ちやすい

デメリット

  • 極度に強い衝撃を与えると割れることがある
  • 透明感がオールセラミックより劣る
  • 金属アレルギーの方は適していない

オールセラミッククラウン

表面も内側もすべてセラミックを使用して作製された被せ物です。透明感があり、自然で美しい歯に仕上げることができます。

メリット

  • 色も透明感も天然の歯に近い見た目を再現できる
  • 変色・摩耗しにくい
  • 歯垢が付着しにくく、清潔に保ちやすい
  • 金属アレルギーの方でも使用できる

デメリット

  • 極度に強い衝撃を与えると割れることがある
  • ほかの被せ物より治療費が高額になる

詰め物

詰め物には、いわゆる銀歯とよばれる金銀パラジウム合金製のものと、ゴールド製のもの、セラミック製のものがあります。

金銀パラジウム合金インレー

金銀パラジウム合金を使用した金属製の詰め物で、健康保険が適用される一般的な詰め物です。

メリット

  • 健康保険が適用されるので、治療費が抑えられる

デメリット

  • 銀色なので、非常に目立つ
  • 歯との段差ができやすく、2次虫歯になりやすい
  • 金属アレルギーの方には適していない

ゴールドインレー

金合金製の詰め物です。もっとも耐久性にすぐれた詰め物で、長持ちさせたい方に向いています。

メリット

  • 強度があり、腐食にも強い
  • 歯への適合性に優れ、2次虫歯になりにくい
  • 金属アレルギーをおこしにくい

デメリット

  • 金色なので、目立つ

ハイブリッドセラミックインレー

セラミックとプラスチックを混合させた素材であるハイブリッドセラミック製の詰め物です。セラミックの強度とプラスチックの柔軟性の両方の特性をあわせ持っています。

メリット

  • 白く自然な色で、目立たない
  • 適度な軟らかさがあり、対合歯を傷付けにくい
  • オールセラミックインレーより治療費を抑えられる
  • 金属アレルギーの方でも使用できる

デメリット

  • やや変色しやすい

オールセラミックインレー

セラミックのみで作製された詰め物です。色や透明感が天然の歯に近い仕上がりにできます。

メリット

  • 色も透明感も天然の歯に近い見た目を再現できる
  • 変色・摩耗しにくい
  • 歯垢が付着しにくく、清潔に保ちやすい

デメリット

  • 極度の衝撃で割れることがある
  • ほかの被せ物より治療費が高額になる

被せ物

被せ物には、詰め物と同様に金銀パラジウム合金製のものと、ゴールド製のもの、セラミック製のものがあります。

金銀パラジウム合金クラウン

金銀パラジウム合金を使用した金属製の被せ物で、健康保険が適用されます。

メリット

  • 健康保険が適用されるため、治療費を抑えられる

デメリット

  • 銀色で目立つ
  • 金属アレルギーの方は使用できない
  • 歯との間にすき間ができやすく、2次虫歯のリスクが高い

ゴールドクラウン

金合金製の被せ物で、歯に近い硬さであるため、歯との適合性が高いのが特徴です。

メリット

  • 強度と耐久性に優れている
  • 歯との適合性が高く、2次虫歯になるリスクが低い
  • 金属アレルギーになりにくい

デメリット

  • 金色なので、目立つ

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックとプラスチックを混合させた素材であるハイブリッドセラミック製の被せ物です。金属を使用しないので、金属アレルギーの方も安心して治療できます。

メリット

  • 白く自然な色で、目立たない
  • 適度な軟らかさがあり、対合歯を傷付けにくい
  • 金属アレルギーの方でも使用できる

デメリット

  • やや変色しやすい

メタルセラミッククラウン(メタルボンド)

表面がセラミック製で、内側のフレームが金属製の被せ物です。審美性だけでなく強度も求める方に向いています。

メリット

  • 自然の歯に近い色調を再現できる
  • 変色・摩耗しにくい
  • 内側が金属なので、強度に優れる

デメリット

  • 極度に強い衝撃を与えると割れることがある
  • 金属アレルギーの方には適していない

ホワイトニング

ホワイトニングは、過酸化尿素を主成分とする薬剤を使用することで歯に沈着した色素を分解し、歯を漂白する処置です。
白く美しい歯は清潔感があり、笑顔の魅力をアップさせることができます。毎日の歯磨きでは除去できない歯の黄ばみや着色汚れにお悩みの方は、ぜひホワトニングをご検討ください。

ホワイトニングには、歯科医院で受ける「オフィスホワイトニング」と、ご自宅にて患者さまに行なっていただく「ホームホワイトニング」があり、患者さまのライフスタイルや目指す白さの段階によって、適した方法をご選択いただけます。

審美的歯周形成外科

美しい口元を実現するためには、歯だけでなく、歯肉の色や形、状態がよいことも大切です。
審美的歯周形成外科では、「歯肉が退縮して歯根が露出している」「笑うと大きく歯肉が露出する」といった歯肉の見た目の問題を、外科的な処置によって改善します。
具体的には、歯槽骨(歯の周囲の骨)の整形や歯肉の切除・移植など行なうことで、 歯肉が顔貌とバランスのとれた形態になるように整えていきます。
歯の色や形だけでなく、歯肉の見た目も改善したい方はぜひご相談ください。

お問い合わせ