拡大精密治療・マイクロスコープ│浜松の入野町でインプラントなど中心に、患者さまを第一に考えた高度な診療を行なう歯医者「竹内歯科医院」

053-489-4618
お問い合わせ

Microscope 拡大精密治療・マイクロスコープ

拡大精密治療とは

拡大精密治療とは

拡大精密治療とは、拡大鏡やマイクロスコープなどを使い、拡大視野下で精密に行なわれる歯科治療のことをいいます。
患部を拡大して確認することで、裸眼で確認した場合よりも患部の状態を的確に診断できるだけでなく、より精密な治療を可能とし、歯の削りすぎや虫歯や歯石の取り残しを防ぎます。
また、拡大精密治療で悪くなった組織を残さず取り除くことで、再治療のリスクを減らすことも期待できます。

拡大精密治療のメリット

  • より的確な診断ができる

    より的確な診断ができる

    ごく小さな虫歯や歯石の取り残しなど、裸眼では確認できない部分までしっかりと見ることができ、CTやレントゲンなどの検査結果と合わせてお口の状態を確認することで、より的確に診断を行なうことができます。

  • 裸眼では難しい処置もできる

    裸眼では難しい処置もできる

    精密処置を必要とする根管治療や、より繊細な作業が求められる審美的な詰め物や被せ物の処置など、裸眼では精確な処置が難しい治療も精密に行なうことができます。精密な治療は治療結果も良好となりやすく、歯の寿命を長くすることにもつながります。

  • 歯を削るのが最小限で済む

    歯を削るのが最小限で済む

    患部を拡大することで、虫歯に侵蝕されている部分と健康な部分の境目がよく見えるため、削りすぎることがなく、歯への負担を最小限に抑えることができます。

  • 補綴物もすき間なく取り付けられる

    補綴物もすき間なく取り付けられる

    小さな歯に詰め物をしたり被せ物をしたりする治療も拡大視野下で行なうことで、すき間なくきれいに取り付けることができます。詰め物や被せ物にすき間があると、そこから細菌に感染し、再発してしまう可能性があるため、精密に処置を行なうことで、再発を防ぐことができます。

マイクロスコープの優位性

マイクロスコープは、治療部位を拡大して確認することができる歯科用の顕微鏡です。

裸眼の3~20倍の視野

裸眼の2~6倍に拡大して見られる拡大鏡よりも拡大して見ることが可能で、裸眼の3~20倍の視野で治療部位を確認することができます。

精密かつ的確な治療

歯根や神経の治療などより精密な処置が必要となる治療においても、安全かつ的確に処置を行なうことができます。

治療中の状況をモニタで確認できる

マイクロスコープにはカメラ機能がついており、スタッフがモニターを見て治療の状況を確認しながらサポートすることができます。また、写真や動画の記録もできるため、治療前後の歯の状態を患者さまにご確認いただけます。

お問い合わせ