医院ブログ(記事)│浜松の入野町でインプラントなど中心に、患者さまを第一に考えた高度な診療を行なう歯医者「竹内歯科医院」

053-489-4618TEL

Blog 医院ブログ

インプラント治療後の歯磨き粉の選び方

2021.05.31

インプラント

先月はインプラントのお手入れについてご紹介させていただきました。

お家でのケアで歯ブラシのしかたについてはご説明しましたが、「歯磨き粉は何を使えばいいの?」と疑問に思う方も多いと思います。  

そこで今月は「インプラント治療後の歯磨き粉の選び方」についてご紹介します、是非ご覧ください。

1.研磨剤の粒子が粗い歯磨き粉は避ける
インプラント治療後は、研磨剤の粒子が粗い歯磨き粉は避けるのがおすすめです。
なぜなら、舌でさわったときにザラザラするような研磨剤の大きな粒子は、歯茎とインプラントの間に入り込んで炎症を引き起こしてしまうケースがあるからです。

またインプラント以外の他の歯にとっても、研磨剤の粒子が粗い歯磨き粉は歯が削れて汚れがつきやすくなったり、歯周病で露出した歯の部分にダメージを与えてしまうことがあります。

2.フッ素入りの歯磨き粉は使用してもOK
インプラント治療後でも、フッ素入りの歯磨き粉は使用してもOKです。
というのも、歯磨き粉に含まれるフッ素濃度(1000~1500ppm程度)でインプラントが腐食することはないからです。
高濃度のフッ素でインプラントが腐食することはありますが、日本で販売されている歯磨き粉のフッ素濃度は1500ppmが上限なので、腐食を心配する必要はありません。

フッ素には、
・歯質の強化
・初期虫歯を修復する
・虫歯菌の動きを抑制する
など虫歯予防に優れた効果が期待できます。

3.迷ったら、担当医または歯科衛生士に相談
インプラント治療後に自分に合った歯磨き粉を選ぶ1番の近道は、担当医や歯科衛生士(お口のケアをするスペシャリスト)にどんな歯磨き粉を選べばいいか相談することです。
患者様のお口の状態に合わせて、最適な歯磨き粉をおすすめします。

より良い歯磨き粉を選びで、インプラントを含むお口の健康を維持しましょう。

インプラント治療後の歯磨き粉の選び方や、インプラントについてご相談の際は、ぜひ浜松の竹内歯科医院へ  

お問い合わせ