医院ブログ(記事)│浜松の入野町でインプラントなど中心に、患者さまを第一に考えた高度な診療を行なう歯医者「竹内歯科医院」

053-489-4618TEL

Blog 医院ブログ

歯周病について

2021.07.15

歯周病

実は怖い歯周病
皆さんは歯周病についてどれくらいご存知でしょうか?
それほど怖い病気ではないと思われてる方が多いのではないでしょうか。
実は歯周病は、下記グラフにもある通り歯を失う原因として最も多くの割合を占めている病気なんです。
今回はその歯周病について、皆さんにご紹介していきたいと思います。
※歯を失った場合の治療、インプラントについてはこちらから。

歯周病って何?
歯周病とは、歯周病菌が歯と歯ぐきの間にある溝から、歯を支えている土台(歯周組織)に入ることにより、歯周組織が破壊される病気です。もし、歯周病を放置したままでいると、歯を支えられなくなり、ついには抜けてしまうことになります。

歯周病の原因
歯周病の主な原因はプラーク(歯垢)です。特に、歯石が付着していたり、歯の間に食べ物がはさまったりすると、プラークが増えやすい環境になります。 また、噛み合わせに不具合があると歯周病が早く進行します。全身的にはタバコや糖尿病などが影響すると言われています。

歯周病予防
おうちで自身で出来る歯周病予防は、毎日のていねいな歯みがきです。プラークやバイオフィルムを歯みがきで掃除し、歯周病から歯を守りましょう。
また、歯科医院での歯石除去・バイオフィルム除去もとても有効的です。

歯周病の治療は?
まず、歯周病菌を少なくするようにします。そのために歯磨きが上手にできるようにお手伝いしたり、歯石を取り除いたりします。
また、噛み合わせの不具合を治すために、噛み合わせを調整したり、冠を被せたり義歯を入れたりすることがあります。

自身で出来る歯周病チェック
歯周病は「むし歯」に比べて、自覚症状に乏しく発見が遅れがちになります。
しかし、日頃から口の中を注意深く観察していれば、ご自分でその兆候に気づくことも可能です。
・歯ぐきが赤くはれている
・強く歯磨きをすると出血する
・口臭がある
・歯の間にすき間ができている
・歯ぐきが下がって歯が長くなったように見える
・歯がグラグラする
などの兆候がありませんか?

定期的な歯科検診を
歯周病は予防がとても重要で、自身で気が付きにくい病気でもあります。
当院では歯石除去・バイオフィルム除去など、歯周病予防にも力を入れております。
定期的に検診をして、一本一本の歯を大事にしていきましょう!
※歯周病治療についてはこちら(診療案内ページ)から

歯周病チェックに当てはまる際や、歯周病についてご相談の際はぜひ浜松の竹内歯科医院へ

お問い合わせ、ご予約はこちらから

歯周病について
お問い合わせ